平成27年度事業報告

自 平成27年4月 1日
至 平成28年3月31日


1.会員の状況

平成27年度内における会員の異動は、協力会員に入会2社(日本リーテック梶A潟qメノ)、退会1社(旭化成ケミカルズ)があり、平成27年度末における会員数は、普通会員17社・協力会員28社・特別会員11社の合計56社である。

2.通常総会

 第47回通常総会を平成27年5月22日(金)16時30分より、東京都中央区銀座「高松」において開催した。
 来賓として、経済産業省製造産業局産業機械課鹿沼昇課長補佐殿・川邊規央係長殿のご臨席を戴き、普通会員17社・協力会員10社・特別会員7社・委任状によるもの21社、合計55社が出席した。(当時会員構成数55社)
  議 案
第1号議案 平成26年度事業報告の件
第2号議案 平成26年度計算書類の承認の件
(報告事項) 平成27年度事業計画報告の件
(報告事項) 平成27度収支予算書報告の件
以上の議案につき審議の結果、いずれも原案通り承認可決された。

3.臨時総会(会員全員の書面同意によるみなし決議)

 理事1名から辞任の申し出があり、後任の理事1名を選任するため臨時総会を平成27年8月25日(火)15時より、東京都港区虎ノ門第一天徳ビル会議室において開催する旨の議案に対し、会員全員(普通会員17社・協力会員29社・特別会員11社、計57社)から書面により同意の意思表示を得たので、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第58条及び定款第17条第5項の取扱いにより、 当該事項の臨時総会での決議があったものとみなされた。
  議 案
第1号議案 理事1名選任の件(三和鋼器梶@高橋 敦殿)

4.理 事 会

 理事会を4回開催し、下記事項を審議・決定した。

(1)

第47回通常総会に上程する議案の件

(2)

臨時総会に上程する議案の件(理事1名選任の件)

(3)

協会運営における当面の課題検討の件

(4)

鉄塔技術管理者資格平成27年度新規認定者の件

(5)

協力会員2社入会の件(日本リーテック梶A潟qメノ)

(6) 協力会員1社退会の件(旭化成ケミカルズ梶j

5.運営委員会

 委員会を4回開催し、下記事項を審議・決定した。

(1)

第47回通常総会に上程する平成26年度決算諸表、および平成27年度事業計画案と予算書案の確認

(2)

「第12回鉄塔技術関連懇談会」の開催と課題検討

(3) 鉄塔受注実績の集計および鉄塔工事計画量の調査
(4) 電力関連施設の見学会の実施(青山高原ウインドファーム(風力発電所))

6.技術委員会

 委員会を4回開催し、下記活動を行った。

(1) 協会発行の規格、基準類の改定・追加に関する検討
  「送電用鋼管鉄塔製作基準」を発刊
「鉄塔用ボルト許容応力表及び中空鋼管許容応力表」の検討
新規に送電用鉄塔検査要領の検討
(2) 鉄塔技術管理者講習会(東京および大阪)の推進

7.技術委員会ボルト部会

 部会を3回開催し、下記活動を行った。

(1) 「鉄塔用ボルト・ナット規格」の改定作業実施
(2) 鉄塔用ボルト工場定期審査への事前検討

8.鉄塔用ボルト工場審査委員会

 定期ボルト工場審査(隔年度実施)を過去最多の電力殿の立会を頂き6ボルト工場に対し実施した。
 審査の充実のため、重点審査項目の設定及び事前審査と審査時の指摘事項に対し、審査後1ヶ月以内の改善及び実施状況の確認を継続実施した。
 また、線材の安定供給を図るため、購入先新規導入の臨時ボルト工場審査を実施した。

9.資材委員会

 委員会を4回及び研修会を1回開催した。

(1) 鉄塔用鋼材・亜鉛地金の需給状況に関する委員及びミルメーカーとの意見交換
(2) 工場見学(新日鐵住金竃シ古屋製鉄所)
(3) 鋼材購入消費統計(平成26年度実績と平成27年度見通し)

10.鉄塔技術管理者資格制度委員会

 協会主要事業の一環として鉄塔技術管理者講習会(東京・大阪)及び資格認定試験を実施し、多数の参加があった。

鉄塔技術管理者講習会及び資格認定試験の実施
1) 第55回講習会(東京) 平成27年7月6・7日
受講者:普通会員26、特別会員37、協力会員他13、計76名
2) 第56回講習会(大阪) 平成27年11月9・10日
受講者:普通会員25、特別会員36、協力会員他13、計74名
 

受講者数累計 4,194名

  3) 第23回資格認定試験 平成27年9月4日
受験者 78名、  合格者 62名 (合格率79.5%)
  認定者数累計 1,100名

11.委員長・主査会議

 各委員会より、平成27年度の活動状況および平成28年度活動計画について報告があり、各委員会間での助言と調整を図った。

12.第12回鉄塔技術関連懇談会 (12月3日開催)

 各電力会社の送電担当課長を招き、鉄塔技術等に関する懇談を行った。

(1) 平成27年度上期鉄塔受注実績結果報告
(2)

協会発行の規格、基準類の改定、追加検討状況

(3) 中長期鉄塔計画量調査結果報告
(4)

鉄塔メーカー及びボルトメーカーの現状と問題点及び生産量増加対応策

(5) 「鉄塔用ボルト・ナット規格」改定検討状況
(6) 最近の鉄塔資材調達の状況他 
(7)

資料説明後、中長期鉄塔計画量調査後の状況及び鉄塔メーカーの対応策につき各電力課長殿との意見交換を行った。
(今回の特徴として、計画量調査結果及び電力広域的推進機関(広域機関)の系統増強公表等もあり、今後生産量の増加が見込まれる点より、鉄塔メーカーの生産量増加対応策について説明を行った。)

13.事務局関係

(1) 機関誌「鐵塔」第124号の発刊・配布
(2) 内閣府報告等(公益目的支出実施完了)

以 上 


戻 る