財務諸表に対する注記
 

1.重要な会計方針

(1) 引当金の計上基準
退職給付引当金・・・退職手当の期末要支給額に相当する金額を計上している。

2.特定資産の増減額及びその残高は次の通りである。

(単位:円)
科 目 当期末残高 当期増加額 当期減少額 当期末残高
特定資産        
 退職給付引当資産 3,780,000 550,000 2,500,000 1,830,000
合  計 3,780,000 550,000 2,500,000 1,830,000

3.特定資産の財源等の内訳

(単位:円)
科 目 当期末残高 (うち指定正味財産からの充当額) (うち一般正味財産からの充当額) (うち負債に対応する額)
特定資産        
 退職給付引当資産 1,830,000 0 1,830,000 1,830,000
合  計 1,830,000 0 1,830,000 1,830,000

 

【 附 属 明 細 書 】

1.特定資産の明細

(単位:円)
区分 資産の種類 期首帳簿金額 当期増加額 当期減少額 期末帳簿金額
特定資産 退職給付引当資産 3,780,000 550,000 2,500,000 1,830,000
特定資産計 3,780,000 550,000 2,500,000 1,830,000

2.引当金の明細

(単位:円)
科 目 期首残高 当期増加額 当期減少額 期末残高
目的使用 その他
特定引当金          
退職給付引当金 3,780,000 550,000 2,500,000 0 1,830,000
特定資産計 3,780,000 550,000 2,500,000 0 1,830,000

戻 る